情報ビジネス科(2クラス80名募集予定)
◇希望に応じた各種資格の取得が目標です。
 コンピュータに関する分野を中心に学習し、商業系・情報系の就職・進学に対応する学科です。
   Java言語によるプログラミング学習を行っています。
 Word・Excelなどのアプリケーションソフトの活用能力を養っています。
 高度な資格取得のサポートも充実しています。

 平成28年4月入学生用教育課程(別ウインドウが開きます)
      (普通科目54~59単位・専門科目29~34単位・総合的な学習2単位)
※3年生では多様な進路実現に対応した選択科目を設定しています。
 選択A(週2時間)・・・数学A,マーケティング,財務会計Ⅱ,ビジネス情報
 選択B(週3時間)・・・英語表現Ⅰ,商品開発,管理会計,電子商取引
 平成28年4月入学生用教育課程
      (普通科目54~59単位・専門科目29~34単位・総合的な学習2単位)

※選択A・・・数学A,マーケティング・財務会計Ⅱ,ビジネス情報・商 ※選択B・・・英語表現Ⅰ,商品開発。管理会計,電子商取引


◇資格取得について
 目標とする資格 全商情報処理検定 1 級(プログラミング部門・ビジネス部門)
全商簿記実務検定 1 級
全商ビジネス文書検定 1 級(旧ワープロ実務検定)
 取得可能な資格 基本情報技術者試験,情報セキュリティマネジメント試験
ITパスポート試験(IPA・情報処理推進機構主催)
日商簿記検定2級(日本会議所主催)
全商商業経済検定1級・全商珠算・電卓実務検定1級
全商英語検定1級・実用英語技能検定
      
◇在校生の声
入って良かった!
・コンピュータに強くなった!
・入学時よりコンピュータの使い方が詳しくなり、タイピング速度も格段に上がりました。
・パソコンのスキルが上がった
・情報処理やプログラミングの知識がより深く付いた
・他の2学科に比べて1級3種目が多くとれる。
・一般的なパソコンの知識を基礎からしっかりと学ぶことができます。パソコンの知識が全くない人でも安心。
・資格をたくさん取れる。
・ExcelやWordの操作が得意になった。
・検定を多く取りやすく、ゲームなどの趣味があう友達が多い。
・部活動は忙しいけど、授業の中や放課後に課外をやってくれたりするので、検定勉強もそんなに苦労せずに合格できたこと。
・男子しかいないと思っていたけど、女子もけっこういて良かった。
・パソコンばっかりやってて、暗いイメージかなと思っていたけど、入ってみると逆だった
・優しく教えてくれる先生が多い。


水戸商業情報ビジネス科でしかできないこと
・国家資格のITパスポート試験の取得を目指すことができる。
・ITパスポートの勉強。
・毎日パソコンの授業があ
・他の科よりパソコンを使う授業が多い。
・プログラミングの応用
・資格がたくさん利用できる。
・文化祭でパソコンを使った発表ができる。
・電子商取引で他校との合同授業がある。
・コンピュータを使ったより深い授業ができる。
・他の学科に比べて資格取得に有利です。



水戸商業情報ビジネス科のここがウリ!
・情報処理・プログラミングの授業が多い。
・他の学科に比べ多く検定が取りやすい。
・現在の社会に対応していける勉強を先取りできる。
・学習に集中できる環境である。
・国家資格のITパスポート試験の資格が取れる。
・就職でプログラマーになりたい人にはおすすめ。
・社会に出て役立つ情報技術を身につけられる。
・部活と勉強を両立しながらも、他の2つの学科よりも多く全商1級を取ることができる
・良い意味でユニークな人が多い。
・進学者はほとんど推薦で合格し、就職はたくさんの有名企業から求人が来ること。
・他の学科よりも1級の取得できる検定の数が多い。
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸商業高等学校