教育目標、方針

学校の概要   
   
   

創立百年を越す伝統校

     明治35年(1902年)に誕生した本校は、創立113年目に入りました。次の新しい歴史を築こうと「文武両道」の精神のもと、勉学やスポーツに毎日取り組んでいます。
   平成16年、18年、22年、26年に日本商工会議所簿記検定1級、全国経理教育協会簿記能力検定上級など難易度が高い検定試験に合格者が出ました。取得した資格を活かし、高い就職内定率は安定しています。また国公立大学をはじめ有名私立大学への進学者も増えました。

   
   
校  名 茨城県立水戸商業高等学校
校  長 桐原 武文
所 在 地 茨城県水戸市新荘3丁目7番2号
  電話 029-224-4402
  FAX 029-225-4376
生 徒 数   商  業  科  362名(男子155名 女子207名)
 情報ビジネス科 239名(男子136名 女子 103名)
 国際ビジネス科 240名(男子 93名 女子147名)
       合   計 841名 ※平成27年4月2日現在
学  科 商業科/情報ビジネス科/国際ビジネス科
校  訓 至誠一生を貫き
 勤勉事に当り
 敬愛物に接し
 剛毅百難を排し
 協同其美を済す
教育方針  文武両道の精神を重んじ、知・徳・体の調和のとれた教育を実践し、地域社会やビジネス界が求める、情操豊かで創造性に富み、商業に関する幅広い知識と技術を備えた人間性豊かな人材を育成する。
校章の由来 
 校章の由来は、一つには茨城県の「茨」が県内の山野に自生する「いばら」の意味で二つには、「のいばら」は清楚で気品があり、風雪に耐えて凛として咲く様子から、野性的でたましい商業人を育成する願いをこめて制定された。
   
   
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸商業高等学校